電話の転送についてのいろいろ

留守番電話を使っていた頃転送をよく利用しました。

電話の転送についてのいろいろ 意外とつい最近まで、電話の転送は行われていました。電話を掛けると、ただいまより電話を転送しますのでしばらくお待ちくださいというアナウンスが流れ、しばらくすると呼び出し音が聞こえてくると言う感じで、転送出来る電話を設置する方がその電話代を払うため、掛けた人間には通話料は必要ないモノでした。当時、ほとんどの方がこの機能を使っていたと思います。留守番電話も最初の頃は電話とは別体の上にかなり大きなモノでしたが、だんだん電話機の中に入ってしまい最初はテープレコーダーだったのは、最後は電子音に変わっていました。商売を辞めてからは、転送のための電話サービスもやめていまいましたが、電話機だけですべてのそうだが出来た上に、留守電のメス-地名ドム聞けて非常に便利なモノでした。

ところが、携帯電話が普及することで、どこにいてても電話画掛かる様になり、電話を転送する必要は無くなりました。用事があれば、調節携帯電話の番号へ掛ければ良いのですから、当然のことと言えるでしょう。今でも留守電サービスは利用していますが、ほとんどが掛かってきてもそのまま切れているという状態で、留守電の意味はほとんどありません。もちろん、転送を掛けることも可能ですが、それも意味が無いと考えています。携帯電話が普及することで、転送サービスや留守番電話はほとんど用なしになったと言えるでしょう。今後また新たなせービスが出てくると思いますが、どんなモノが出てくるか非常に楽しみです。

Copyright (C)2022電話の転送についてのいろいろ.All rights reserved.