電話の転送についてのいろいろ

固定電話から携帯電話へ転送

電話の転送についてのいろいろ 我が家の子供は現在小学校に通っています。この小学校には、PTA制度というものが在って、学校に通う子供の保護者は、全員参加するという決まりになっています。一世帯一つ必ず役員をやらなくいてはならない決まりになっています。役員といっても、仕事の負担度合いはピンきりです。私が担当した役員は、子供たちの登校班の取りまとめでした。同じ区域に住む子供を把握し、近くの子供同士で登校できるように班を作ります。その際に、電話連絡が取れるように連絡網も作成します。今の時代の流れでしょうか、携帯電話しか持たない家庭がたくさんあることに気づきました。電話で連絡するにも、その電話代は自分もちです。携帯電話しか持たない人に電話をすると、電話代が高くなるのがとても困りました。長い文章を、間違いなく伝えなくてはならないため、必然的に長電話となるからです。

固定電話の番号が記入されているお宅でも、携帯電話に転送されるように設定されている方もいました。私は固定電話に掛けているのに、先方の都合で携帯電話につながっているわけですが、この通話料金は誰が払っているのでしょうか。かけた私なのでしょうか。

去年は、不審情報が出回り、その連絡を全家庭に入れなくてはならないため、何度連絡網を使用したことでしょうか。本当に、とてつもなく高い電話料金の請求が来ていました。学校はからは、一円の補助もありませんでしたが、役員最後の日にはペットボトルのお茶が一本配られました。一年の仕事のみかえりはたったこれだけでした。

Copyright (C)2022電話の転送についてのいろいろ.All rights reserved.